青汁 ヨーグルト

栄養価満点の青汁をもっと飲みやすく!

青汁は多くの栄養素を一度に摂れる、手軽でありながらとても健康的な飲み物です!薬やサプリメントとは違い大人から子供まで問題なく飲むことが出来るので、昔から多くの方に愛されています。

そんな青汁ですが、原料を新鮮なまま飲み物にしているので少し青臭さが気になるという人もいるはずです。最近のものはかなり飲みやすくなっているとは言え、苦手な人やお子さんの場合は少々ツラい部分もあるかもしれません。

でも安心してください!青汁は少しの工夫で見違えるほども飲みやすくなるんです!例えばヨーグルトにふりかけて食べると、青汁の甘みとヨーグルトの酸味がマッチして、気になる青臭さがほとんどなくなります!

子供でも嫌がることなく食べられるので、臭いが苦手という人でもこれなら問題なく食べられるはずです。それにアレンジは他にも色々あって、はちみつを混ぜたり、牛乳で割ったり、カルピスに混ぜるという方法もあります!

こういった工夫を試せば、青臭さが気になっている人でも簡単に苦手を克服出来ます!当サイトでは人気の青汁の中でも特に飲みやすいものを紹介しているので、これから青汁を始めようと考えている方は試してみてください!本当に飲みやすいので、試せば絶対に印象が変わりますよ!

寒い季節こそ試したい、栄養分を壊さないホット青汁の作り方

寒い季節はやっぱり温かい飲み物が恋しくなります。健康のために青汁を続けている方もおられるかと思いますが、青汁は基本的に冷たい飲み物に溶かして飲む方法が一般的です。
TVCMでもホットで飲んでいる映像は見かけませんよね。しかし寒い季節は冷たい飲み物よりも温かい飲み物で冷えた体を温めたい…そんな方のためにホット青汁の作り方を紹介しましょう。

◆ホット青汁を作るにあたって注意してほしい事
まずはなぜ冷たい飲み物に溶かす方法が一般的なのかを解説しましょう。青汁の栄養素の中には熱に弱い成分(ビタミン・ミネラル・酵素など)が含まれておりますのでその栄養素を壊さず摂取できるように冷たい飲み物に溶かして飲むという方法が一般的なのです。ですからホット青汁を作る場合も熱湯を使用するのはNGとなり、ぬるめの温度のもので溶かしていきます。

◆ホット青汁の作り方
では、栄養分を損なわないようにホット青汁を作っていきましょう。まずはぬるま湯作りから、温度の目安は「人肌くらいのぬるま湯」です。やかんや鍋で作るのもアリですが、電子レンジでコップのまま温めると余計な洗い物を出す事もなく便利です。温め過ぎたら水で薄めて温度を調節しましょう。適温になったぬるま湯に青汁を溶かして完成です!

◆ホット青汁アレンジ法
野菜が苦手な人や青汁の味が苦手という人など、苦手な味というものには敏感になるもの。青汁は温めるとクセが増し美味しくないという人もいるかもしれません。そんな時はホット青汁をカフェ風にアレンジしましょう。あくまでも温度は「人肌くらい」ですが牛乳や豆乳を温めて蜂蜜などの甘味を加える方法はいかがですか?最近の青汁は抹茶などのお茶味を多く見かけますので牛乳や豆乳は抜群に合うのではないでしょうか。青汁独特のクセを緩和する効果や、牛乳や豆乳の栄養もプラスされ苦手な人にも飲みやすくオシャレでさらに栄養価も高いものになります。毎日飲まなきゃ意味がないからと機械的に続けている方も楽しみながら続ける事ができそうですね。

温かい飲み物には気持ちを安定させるリラックス効果や安眠効果があるとも言われています。前記にもあるように青汁の栄養素には熱に弱い成分も含まれていますが熱に強い栄養成分もたっぷり含まれているのです。たとえ温め過ぎてしまったとしても残ったたくさんの栄養素を摂る事ができますのであまり過敏になりすぎず楽しみながら続けていきたいですね。

どんな青汁が人気なの?青汁口コミランキングベスト5

個性豊かな製品が揃っている青汁ですが、これから始めようという方にはどれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。選び方も人それぞれですがとにかく人気の製品から始めてみようという方のために口コミで人気の青汁をランキングにしてみました。

◆第5位
水などの水分に溶かして飲む飲料タイプでケールが主原料の青汁です。ケールが主原料のものは栄養豊富でバランスも良いですが飲みにくいとされております。しかし、はちみつを配合することによってケール独特のクセが抑えられ美味しく栄養価も高いということで人気第5位となっています。

◆第4位
青汁の三大主原料、ケール・大麦若葉・明日葉の中の2つ「大麦若葉・明日葉」が配合されており溶かして飲むタイプの青汁が第4位となっております。大麦若葉や明日葉それぞれにバランス良く栄養が含まれているところをどちらも配合することによって栄養価もUPしています。また、甘みのある大麦若葉が配合されている事で苦手な野菜の味も柔らかくなっており人気です。

◆第3位
主原料が桑の葉で溶かして飲むタイプの抹茶味が第3位!桑の葉には他の野菜に極微量しか含まれていないDNJという成分をたっぷり含んでおり、このDNJという成分が血糖値の上昇やコレステロールを抑制する働きがあり大変人気です。中国では薬の効果がある植物としてお茶にして飲まれていた飲みやすい桑の葉に抹茶をプラスすることによってさらに飲みやすくお子様にも人気の製品です。桑の葉の栄養価が高いと聞いて続けている、クセが少なくて飲みやすい、味も値段も実感も満足しているといった口コミがあり味・栄養価共に評価されているようです。

◆第2位
主原料の大麦若葉に長寿草や生姜を配合した溶かして飲むタイプの青汁が人気第2位!栄養豊富でクセの少ない大麦若葉に独自の方法で発酵させ独特の匂いや辛味を抑えた生姜を配合し、さらにミネラル成分をたっぷり含んだ長寿草をプラスすることで栄養価もバツグンです。さっぱりして飲みやすい、子供にも飲ませている、寝起きがスッキリしたという口コミもあり、味にも期待できますね。

◆第1位は?!
青汁には珍しくもはや汁とは言えない?!粒タイプの青汁…青粒?が人気第1位です。主原料はケール・長寿草・クロレラと栄養価もバッチリ。栄養価は高いが飲みにくいとされるケールが配合され、原料全てがグッと凝縮されているので濃く、そして苦い…関係ない!粒だから!もはやほとんど味は関係なし、作る手間もなしの栄養を凝縮した青汁が堂々の1位を獲得しています。飲みやすさはもちろん、野菜不足や便秘解消に役立っている、体の調子が良いという口コミがあり手軽に続けられるだけでなく効果も期待できそうですね。しかし、噛むととても苦い!という口コミもありましたので噛まずに水で飲み込みましょう。

どの青汁も栄養価が高く、毎日続けて飲まなければ効果が期待できない青汁のために味の工夫もされています。青汁も私達の体質も様々ですので、これらを参考に自分の体に合った青汁が見つけられるといいですね。

概要(50~130)
体のために青汁を始めたいけど、たくさんあってどれを選んだらいいのか見当もつかないという方のために口コミで人気の青汁をランキングにしてみました。主原料や飲み方などいろいろなものがありますので自分に合った青汁を見つけましょう!

青汁が健康を害する?!知っておきたい脳梗塞と青汁の重要な関係

健康な体を手に入れたい・維持したいという人に人気の青汁ですが、「青汁が健康を害する」と言ったらビックリしますよね。青汁にはたくさんのビタミン・食物繊維などの栄養素が含まれており、野菜不足の方の栄養補給やダイエット・美肌効果や便秘解消など様々な良い効果を私達に与えてくれます。しかし一部の人には必ず知っておきたい「注意して欲しい事」があるのです。

◆血液を固まりにくくする薬「ワーファリン」
脳梗塞や血栓症といった病気と関わりのある方はご存じではないでしょうか。この「ワーファリン」という薬は、血管内で血液が固まってしまい血液がその先へ流れなくなってしまう病気の方に多く処方されるもので、血管が詰まらないように血液を固まりにくくする作用があります。そしてこの薬を弱めてしまう効果があると言われているのが青汁に含まれるビタミンの一つ「ビタミンK」です。ビタミンKは健康な体には大変重要な成分で、ワーファリンの効果と相反して血液を固めるという効果を持っており、この効果でケガをした時などに傷を治しやすくしています。しかし、血液を固まりにくくするワーファリンを使用している方にこの相反する成分は注意しなければなりません。

◆腎臓病にも注意が必要
腎臓病に関わりのある方にも青汁に含まれる成分は注意が必要です。腎臓が正常に機能していない腎臓病の方には、水分・カリウム・リンなどに摂取制限があるかと思います。これは腎臓病のためにこれらを排出する機能が衰え、排出できないことにより体内に蓄積されてしまうことで病気を悪化させてしまう可能性があるからです。栄養豊富な青汁はこれらの栄養素もふくまれており、同時に水などの水分に溶かして飲む健康飲料水のため注意しなければなりません。

◆健康な方にも注意が必要
健康に良いから、早く効果を発揮させたいからといって青汁を一日に何倍も飲んでしまう事はかえって体に悪い影響を与えることもあります。青汁には現代人が必要としている栄養素をバランス良く含んでおりますが、中には摂取しすぎるとお腹をこわしたりと逆に体調を悪くしてしまう成分も含まれていますので、急がず、焦らず、根気良く、毎日適量を続けることが大切なのです。